読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「流星ワゴン」重松清

こんばんは。昨日までプロ野球の日本シリーズをしていましたが、応援していた広島カープは残念ながら負けていましました(>_<) 何試合かしか観戦(もちろんテレビですよ)してませんが、広島の選手はちょっと硬かったかな。。。相手の方がやはり場慣れして、自分たちの野球をしていた印象があります。けど、試合は観ていて面白かったし、何より日本ハムのみなさん優勝おめでとう!!

さて、勝手に本の紹介No44です。

たまたま手に取った一冊。以前ドラマにもなっていた小説。親と子どもの葛藤を2世代にわたって描いている。人生の別れ道に戻ってみると、その時が人生の分かれ道だったと気づく。
【構成】
主人公は永田一雄、38歳無職。家庭は崩壊し、反りの合わなかった父親は病院の床に臥せている。そんな状況の中、駅のロータリーで佇んでいると、オデッセイが近づいてきて…これが橋本さん親子との出会いである。橋本さんたちに連れて行ってもらう過去は、家庭が崩壊する分岐点ばかり。その時には気づかなかったが、未来を知ってしまえば、違った見方ができる。しかもそこには若かりし父親も。。。自分たちの未来は変えられるのか?また、仲が良い橋本さん親子にもいろいろな過去があったことが分かってくる。
【感想】
話の構成はSFである。過去の人生の分岐点に戻り、いるはずのない若かりし父親と現実を変えるために奮闘する。ただ、話の終わり方はけっこう好きである。本を読みながら、自分の父親はどんな気持ちで私を育てたのだろうか?と考えさせられた。感謝しないといけない。また、私が父親になったとするとちゃんとした関係(?)を築けるのだろうか。それはまだ想像できない。あと一雄の妻である美代子の行動は、理性や理論では言い表せられない、何とも言えない欲求なのだろうか。