「活断層が分かる本」國生剛治・大塚康範・堀宗朗(監修)

こんばんは。忘年会シーズンで弱りきっている(いわゆる飲みすぎ)今日この頃です。笑 今年も残すところあと2週間ですね。お正月にのんびりできるのが待ち遠しいです!

さて、この頃サボっていた勝手に本の紹介です。今回はNo46です(^-^)

とある雑誌に紹介されており、手に取った一冊。タイトルの通り活断層(地震ではない)に焦点があてて書かれており新鮮に感じた。分かりやすく書かれているが、素人向けてではないと思う。
【概要】
各章ごとに専門家が執筆している。
第1章は「地震活断層」で、日本で発生した地震のことや、その時の活断層の動きについて述べられている。
第2章は「断層の調べ方」として調査方法が紹介されている。
第3章は「断層のずれの予測」として、いくつかの実現象と、予測の難しさが述べられている。
第4章は「地震断層が引き起こす災害」として、橋脚の基礎やトンネルでの被害が記されている。
第5章は「断層のずれへの備え」として、どのような考え方で対策するのかが記述されている。
第6章は原子力発電所での活断層評価について、数名の専門家へインタビューを行っている。
【感想】
今年は熊本地震鳥取での地震などが発生した。揺れの大きさは話題になることが多いですが、断層のずれが話題になることは多くありません(被害が一部だけであるため)。しかし、その直上になる構造物は壊滅的な破壊を受けます。重要な構造物(原子力発電所やダム)を建設するにあたっては非常に重要な問題です。ただ、本著でも述べられている通り、予測精度が高いとは言えないのが現状です。千年で1m動けば、「危険」と位置づけられるわけですが、時間スケールが大きく、ピンとこないのが現状かもしれません(-_-;)まぁこれからの技術の進歩に期待です。
また、第6章で取り上げられていることは、原子力発電所と言う大きな利権とリスクが絡む事案であり、いろいろな意見が聞けて面白いです。

ベトナム旅行②(フエ)

こんにちは。気づけばもう12月ですね!なんかアッという間に1年が終わってしまういろんなことがあった1年ですが、年始に思っていた目標は達成できたのかなぁ(^^;)自問しながらあと1か月頑張りましょうか。

さて前回からの続きになります。

2日目はフエへ行ってきました。ダナンを出発し、まずはハイヴァン峠へ。今はトンネルが開通したため、交通量は多くないが、昔は交通の要所だったらしい。一番高いところではダナン側とフエ側が見渡せて、眺めがよい!(ただ、よく雲がかかるとか…)f:id:taketakehashiru:20161203161919j:plain

〈↑ ハイヴァン峠からの眺め〉

ダナンから車で走ること約2時間でカイディン帝廟へ到着。20世紀前半に建てられた建物で、西洋と東洋の文化が混じっている。外観はアジアの雰囲気があるが、内装は煌びやかで西洋風か!?ガラス装飾には日本のビール瓶が使われているので、行く機会があれば探してみてください!(ガイドに言われないと気づけないが…)次にミンマン帝廟へ。こちらは19世紀前半に建てられており、全般的に東洋風の作りになっている。カイディン帝廟に比べて広く、石畳の通路は中国の昔の王宮みたいで、落ち着いていてなかなか雰囲気があります。ちなみにミンマン帝は子供が140人いたとかいないとか(-_-;)皇帝ともなるとさすがやな…

f:id:taketakehashiru:20161203161950j:plain

〈↑ カイディン帝廟の外観〉

f:id:taketakehashiru:20161203162050j:plain

〈↑ カイディン帝廟の内観。きれい!〉

f:id:taketakehashiru:20161203162113j:plain

〈↑ ミンマン帝廟〉

お昼ご飯は、フエのソウルフード「ブンボーフエ」を頂きました(^o^)感動とはいかないものの美味しい!そして午後からは、フエ中心部にある阮朝王宮を観光しました!1833年に完成したとされるこの王宮はベトナム戦争で多くの構造物が破壊されていました。壊れずに残った構造物や再建された部分もありますが、建物跡だけがあるところもあり、古代の遺跡みたいな感じがしました。敷地はかなり広いので、ゆっくり観光しようと思うなら、丸半日はかかると思います。途中で疲れてしまった私には1時間ぐらいがちょうどよかったですが。笑

f:id:taketakehashiru:20161203162328j:plain

〈↑ ブンボーフエとビール。笑〉

f:id:taketakehashiru:20161203162358j:plain

〈↑ 阮朝王宮の通路〉

と、こんな感じでベトナム旅行へ行ってきたのですが、かなり楽しかったです。ホーチミンハノイには行ったことがありませんが、ダナン周辺はのんびりとした雰囲気があり、観光客も多すぎず、とてもお勧めです(^^♪ 

ベトナム旅行①(ダナン~ホイアン)

こんばんわ。11月ももう中盤。今年も残すところ1か月半ですね(^^;) 今年の振り返りとかはしませんが、なんかドタバタしている間に時間が過ぎていった気がしますせめて年末にむけて掃除くらいはしないとなぁ。笑

さて、今回は先日行ってきたベトナム・ダナンへの旅行について書きたいと思います(^-^)初の東南アジアでとても楽しかった!!料理は美味しいし、街は活気があって、どことなく田舎で良い雰囲気でした。今回の旅行はダナンを拠点にホイアンとフエに行ったので、前編はホイアンについて書きます。

成田からベトナム航空を使い、ホーチミンを経由してダナンに入りました。ホーチミン空港もダナン空港も大きすぎず、迷うことはありませんでした。夜ホテルに到着し、夕食を求めて近くの庶民的な食堂に!雰囲気は地元の人が使う感じで、少し緊張しましたが、魚介類が美味しい!そして安い!! カニやエビを食べて&飲んで日本円で1,500円くらい。料理はパクチーが少し入っていますが、美味しくて満足でした。ビールもさっぱりしててゴクゴクいけます。笑

次の日は、タクシーを借り切ってホイアンへ。10月末は雨期であり、天気が心配でしたが、パラパラ降る程度で問題なし。五行山→ミーソン遺跡→ホイアンで観光しました。

五行山は朝早い&曇空の影響でほとんど人がおらず、のんびり観光できました(^^)/山頂からは海が一望できます!晴天ならかなりきれいなはず。笑 洞窟の中の仏様も見ごたえあり。

f:id:taketakehashiru:20161120213714j:plain

(↑五行山中腹の大仏?)

f:id:taketakehashiru:20161120213802j:plain

 (↑五行山の山頂より海の望む)

 

ミーソン遺跡は世界遺産だけあって観光客の人が多かった。チャンパ王国が築いた遺跡で長い間ジャングルの中に埋もれていただけあって、周りはうっそうとした森に囲まれていて神秘的です。レンガ造りで、宗教的(ヒンズー教?)な建物が並ぶその横にベトナム戦争の爆撃の跡があります。遺跡も大きな被害を受けてようで、長いベトナムの歴史の横に、近代のベトナム戦争という爪跡がある不思議な光景です。

f:id:taketakehashiru:20161120214119j:plain

(↑これがミーソン遺跡だ!!)

f:id:taketakehashiru:20161120214220j:plain

(↑爆撃の跡。でかい…)

午後はホイアンへ行ってきました。ホイアンはダナンからも近く(車40分)、とてもお勧めです!何といってもアジアの雰囲気が漂う街並みが良いです。歴史的な博物館あり(海のシルクロード博物館は面白かった)、構造物あり、市場あり、お土産屋ありと見ていて飽きませんよ(^^♪ 街は歩いて回れるくらいの大きさですが、半日ではもったいない。今度行くときは一泊してのんびりしたいなぁって思う街でした。川の畔にあり、満潮時には道路まで浸水してきますが、それすら観光名所にするたくましさに脱帽です…( ゚Д゚)(船に乗らないか誘われます)

f:id:taketakehashiru:20161120214423j:plain

(↑ホイアンの街中。のんびりした雰囲気)

f:id:taketakehashiru:20161120214509j:plain

(↑川から水が道路へ流れてます)

 

 

「水力発電が日本を救う」竹村公太郎

こんばんは。アメリカ大統領選挙がもう間近に迫ってますね。日本人である私には、

その戦況を見守ることしか出来ませんが、世界に大きな影響力を持つ国ですから、やはり気になります。両候補の詳しいことは知りませんが、トランプ氏が大統領になったら、日本もいろいろ変わるのかなぁ。と漠然と思っております。

さて勝手に本の紹介No45です!

とある本に紹介されており手に取った一冊。水力発電の可能性について述べられている。100年後も見据えて水力発電を見直そうという考え方は共感が持てる。実現に向けてのハードルはけっして低くはないが、100年後には今のような化石エネルギーへ頼ることができないだろうし、自然エネルギーである水力は有用なエネルギーになると思う。
【構成】
第1章ではダムを取り巻く現状が述べられており、第2章、第3章ではダムの持つ発電ポテンシャルが記述されている。日本が受ける水の恵み(豊富な降水量や急峻な地形)とダムのコンビで年間2兆円の発電を賄えるとなっている(ただ設備投資は必要)。また、ダムは強固な構造物であり、メンテナンスをすれば半永久的に使えると書かれている。第4章では地形とエネルギーの歴史が書かれており、第5章、第6章では今後ダムのポテンシャルを生かしていくシステム案(小規模水力発電の運営方法)が述べられている。具体的には、市町村がダム技術者集団(法人)の支援を受けながら、小規模水力発電を運営するという方針である。これにより市町村は独自の歳入を得られ、地球環境の保全にもプラス(化石燃料を使わないため)となると述べられている。
【感想】
水力発電を使う方向は良いと思うし、ダムの発電ポテンシャルが十分生かされていない現状にも納得ができた。あとはそれをどのように使うのか、システムを作ることが重要である。本書の案では目標まで遠く感じる。特にダムの嵩上げに関する部分や、事業の保証を行う会社は夢物語であろう。ただ、私にも良い案があるわけではない。(案の批判をすることは簡単である(-_-;))結局のところ、国(政府)が将来を見据えて、本格的に取り組む必要があるのではないだろうか。

「流星ワゴン」重松清

こんばんは。昨日までプロ野球の日本シリーズをしていましたが、応援していた広島カープは残念ながら負けていましました(>_<) 何試合かしか観戦(もちろんテレビですよ)してませんが、広島の選手はちょっと硬かったかな。。。相手の方がやはり場慣れして、自分たちの野球をしていた印象があります。けど、試合は観ていて面白かったし、何より日本ハムのみなさん優勝おめでとう!!

さて、勝手に本の紹介No44です。

たまたま手に取った一冊。以前ドラマにもなっていた小説。親と子どもの葛藤を2世代にわたって描いている。人生の別れ道に戻ってみると、その時が人生の分かれ道だったと気づく。
【構成】
主人公は永田一雄、38歳無職。家庭は崩壊し、反りの合わなかった父親は病院の床に臥せている。そんな状況の中、駅のロータリーで佇んでいると、オデッセイが近づいてきて…これが橋本さん親子との出会いである。橋本さんたちに連れて行ってもらう過去は、家庭が崩壊する分岐点ばかり。その時には気づかなかったが、未来を知ってしまえば、違った見方ができる。しかもそこには若かりし父親も。。。自分たちの未来は変えられるのか?また、仲が良い橋本さん親子にもいろいろな過去があったことが分かってくる。
【感想】
話の構成はSFである。過去の人生の分岐点に戻り、いるはずのない若かりし父親と現実を変えるために奮闘する。ただ、話の終わり方はけっこう好きである。本を読みながら、自分の父親はどんな気持ちで私を育てたのだろうか?と考えさせられた。感謝しないといけない。また、私が父親になったとするとちゃんとした関係(?)を築けるのだろうか。それはまだ想像できない。あと一雄の妻である美代子の行動は、理性や理論では言い表せられない、何とも言えない欲求なのだろうか。

富士登山について

こんばんは。

今週は今年の夏に登った富士山について書こうと思います。少し前のことなのですが、この内容で書きたかったので、書かしてもらいます!

一度は登ってみたかった日本最高峰へついに行ってまいりました\(^o^)/一言でいうと「素晴らしかった」です。ほんとに1度は登る価値があります。遠景も綺麗ですが、山頂から見る景色も絶景ですし、登っている途中もとても綺麗です!!

5合目から登り始めたのですが、当日は雨。しかも結構降っていて合羽等をフル装備にして登山を開始。しかし、7合目あたりで雲を抜けると眼下には緑の広がる景色が!雨が降った影響で虹も見えたり♪8合目あたりからは空気が薄くなり、疲れが出る人もいましたが、山小屋で仮眠をとって、山頂を目指します。朝の2時半に山小屋を出発し登ること2時間、ついに山頂に到着(^-^)日の出は5時前なので小休憩。まぁこれがかなり寒いです…ですが、日の出の光景は素晴らしかった!これは想像以上でしたね。山頂では天候に恵まれました!なかなか言葉では伝えきれないので、登ったことない人は是非1度は登ってみることをお勧めします!ご来光を見た後は、山頂周辺をプラプラ散策。人だらけではありますが、神社等もあり面白いです。その後は、途中に山小屋での休憩をはさみ一気に下山しました。5合目付近から雨が降ってきて、最初と終わりは雨でした(^^;)

けど、また来夏にも上りに行きたいなぁって思いました!

【ちょこっと富士山の地質について】

富士山は東側に丹沢山地、北側に御坂山地、西側に天守山地があり、それらが富士の広い裾野を縁取っている。

それらの周辺の山は新第三紀に堆積した地層からなりが、富士山自体は第四紀の玄武岩(火山)からなる。斜面に堆積しているのは軽石やスコリアである。

f:id:taketakehashiru:20161023225512j:plain

【↑ 7合目あたりからみる景色】

f:id:taketakehashiru:20161023225624j:plain

【↑ ご来光を待つ人たち】

f:id:taketakehashiru:20161023225707j:plain

【↑ 雲の隙間からのご来光!】

 

「こんな夜更けにバナナかよ」渡辺一史

こんばんは。気が付けばもう10月ですね。今年度も半分が過ぎてしまいました(´・ω・`)新しい環境になって、「わからないこと」や「はじめてのこと」もありましたが、もう甘えたことは言ってられない時期になってきたのかもしれません。気合を入れなおさなければ!笑

さて、勝手に本の紹介No43です\(^o^)/

少し気になって手にとった一冊。進行性筋ジストロフィーを患いながらも自立生活を続ける鹿野氏とそのボランティアの日常を描いたノンフィクションである。鹿野氏本人はもちろんのこと、周りのボランティアや親交のあった人達にも取材を行い、それぞれの視点で現実が描かれている。
【構成】
順番は異なるが書かれていることは大きくわけると以下のようになる。「鹿野氏の生い立ち」「ボランティアの視点(これは鹿野氏についてのみにならず、障がい者の置かれている現状や、若者の悩みまで多種多様)」「障がい者の自立に向けた取り組み」「プロローグ」となっている。ただ、よくある綺麗ごとを並べた本ではない。結婚と離婚の話や失恋の話、ボランティアが辞める話、人と人とが関わりあう葛藤、そしてプロローグはハッピーエンドではない。また、介助の記録を綴った「介助ノート」を参考にそれぞれの時期の出来事や心の変化が描かれている。
【感想】
素直に面白かった。多くの人の視点から描かれており、ドラマを見ているようであった。鹿野氏は一見、わがままなようにも見えるが、人を惹きつける魅力を持っているのだろう。それは、素の自分を出して人と付き合える人の独特な魅力だと思った。自分の思ったことは曲げないが、人情に厚く、不器用(というか障がいをもっている)で、憎めないキャラクターであり、今どきはそういう人が少なくなったから、より良さが引き立っている気がする。私自身もそういうキャラクターには憧れるが、簡単に成れるわけではない。
本書を読んで、人が生きるという意味を再度考えさせられる。「生きている意味」ってカッコいい言葉ではあるが、日常では深く考えないし、考える必要もないんじゃないかとさえ思う時がある。ただ、自分の生きている時間は有限であり、後悔しないように考えなかればならない。
最後に本書の中で気になったところを1つ。ケア付き住宅の建設に奔走していたいちご会(障がい者の運営する福祉団体)のメンバーが言った言葉である。「夢みるだけで、たやすく夢が手に入るのなら運動はいらない」この言葉の意味は深い。