読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペルー旅行記④(リマ観光)

こんばんは!今回がペルー旅行記の最終回になります。もう日本に帰ってきて2週間になりますが、早くも非日常に逃避したくなってます。笑 旅行に行きたい!!

旅行の最終日はクスコからリマへ午前中のフライトで移動。時間があったのでクスコの空港でお土産を探すが、高いのか安いのか相場が良くわからない(^^;) 結局、チョコレートを買っただけだったが、リマの空港と比べると、クスコの方が安くて、ペルーらしいお土産が売っていたと思う。まぁ本当は空港で買うんじゃなくて、地元のお店で買うのが良いんやけど、時間が無い時は仕方ない(´・ω・`)

リマでは、ホテルに荷物を置いて、市内の散策へ。高速市内バス「メトロポリターノ」に乗って途中で「セビーチェ」の有名なお店により、市内の中心アルマス広場を目指す。しかし、海外の公共交通機関に乗る難しさに。。。メトロポリターノは基本的に南北を繋ぐ1路線を走っているので、あまり深く考えず目的方向のバスに乗車すると、それが快速であり、目的の駅を飛ばしてしまうことに。更に、持っていたガイドブックには主要な駅しか記載されておらず、どの駅まで行ったのか、わからない(>_<)しかも超満員で身動きできないし、車内と掲示板の確認すらできずにバスが行くがままに。さすがにマズイと思い強引に降りるも、「セビーチェ」のお店どころか、市内中心も通り過ぎていた。もう少し簡単に「メトロポリターノ」に乗れると思っていたので、甘かった。自分の準備不足ではあり、やっぱ海外の乗り物に乗るときは下調べが重要であることを再度実感した。

結局「セビーチェ」を諦め、そこからアルマス広場を目指し、またバスに乗りもう一度市内へ向かう。アルマス広場の最寄り駅ではなく、とある大きな駅で降り、そこから歩いて向かうことにしたが、これが更にまずかった。 ペルーの道は円形の広場が何個も連なっており、すごくわかりにくい。あれ?また広場??完全にデジャブ( ゚Д゚) しかも、大きな道は片側4車線あるなど、交通量が多く、歩きにくい。そんなこんなで迷いに迷ってやっとアルマス広場に到着。ホテルを出てから2時間半。笑(帰りはすんなりいって45分だった)いろんな意味で広場に到着した時は感動だった(^^) その後は時間が許す限りリマ市内を観光。色鮮やかな教会は見ていて楽しかった。

そして夜遅くの便で日本へ向かって出発!あっというまの4日間。いろいろあったけど、やっぱもう少し長くいて、他の観光名所も行きたかったなぁ。名残惜しい。南米って治安が悪くて、遠いし、またまだ発展途上ってイメージだったけど、全然違った。街の発展は今後どんどん進むんだろうけど、治安は思っていた以上に良く(もちろん危険な場所には行かないようにしてたが)、ホテルの人達の対応も親切だった。日本人やアジア系の人が少なく、海外に来てるって感じかしたし、何より、生活が素朴で、自然豊かな景色・雰囲気がとても素晴らしかった。日本から遠いのは大変だったけど、ペルーを含めて南米にもう一度旅行に行きたいな!!

f:id:taketakehashiru:20150928003401j:plain

〈↑ リマ市内によくある広場。円形で中心にモニュメントがある。同じような広場を

  歩いていると何回も見ることになる。〉

f:id:taketakehashiru:20150928003545j:plain

〈↑ アルマス広場。観光客がたくさんいる〉

f:id:taketakehashiru:20150928003644j:plain

〈↑ 綺麗なサント・ドミンゴ教会。〉

f:id:taketakehashiru:20150928004232j:plain

〈↑ ラ・ウニオン通り。リマの中心通りで人が多い!〉